JANUARY SIXTH, SEE YOU IN DC!

年末年始をゆっくりと過ごしたいところですが、1月6日に何が起こるのか、ついつい考えてしまっています。

ジョシュ・ハウリー上院議員のニュースは例えばこちらで見ることができます。

https://nypost.com/2020/12/30/sen-josh-hawley-will-object-to-electoral-college-results/

しかし、記事にもある通り下院は民主党が優勢ですし、共和党の一部の上院議員も反対票を投ずるかもしれない情勢です。

では、なぜトランプ大統領は1月6日に支持者がワシントンD.C.に集結するよう呼びかけているのでしょうか?

これまでにも、同様の集会はありましたが、トランプ大統領自身が呼びかけるのは今回が初めて。

しかも、すでに複数回ツイッターで呼びかけています。

どんな困難があっても決して諦めるなと演説で語っている大統領が、自らが負けるところを支持者に見せるためにわざわざ結集を促すでしょうか?

1月6日になるのかそれよりも後になるのか私にはわかりませんが、きっと勝利への確信があるのでしょう。

「特定の州で大統領選が行われたかどうかを判断する権限を持っているのは上院議長(ペンス副大統領)だ」という話もあります。

ここでは、異議が申し立てられた後には採決によって決めるのではなく、疑いのある州の票をどのように取り扱うか上院議長が決定できるというシナリオが紹介されています。

そして、随分昔の話ではあるものの1800年の大統領選で当時上院議長だったトーマス・ジェファーソンが一部の選挙人票を無効と判断したことがあるとのこと。

今起こっている、前代未聞の出来事の行方を予想するのは誰にとっても難しく、いろいろな情報が飛び交っています。

ただ、一つはっきりと言えるのは、「トランプ大統領は決して諦めていない」ということ。

空前の規模で行われた選挙不正を正すストーリーはまだ始まったばかりだと思います。

最後に、最近見つけて嬉しかった動画をいくつか貼り付けておきます。

https://www.youtube.com/watch?v=EEzh_IGtYrA

歴史に残るスピーチになるでしょう

https://twitter.com/TeamTrump/status/1335405922081005568

We will not bend.
私たちは、屈しない。

We will not break.
私たちは、折れない。

We will not yield.
私たちは、譲らない。

We will never give in.
私たちは、決して屈服しない。

We will never give up.
私たちは、決してあきらめない。

We will never back down.
私たちは、決して後退しない。

We will NEVER, ever surrender!
私たちは、決して、絶対に降伏しない!

これは2020年12月5日(土曜日)にジョージア州で行われた、1月におこなれる連邦上院議員 決選投票の応援集会での演説の一部です。

私はこのスピーチは歴史に残る、語り継がれるものになると思います。

なぜ、大統領がこの時点でこんなに強気でいられるのか応援しながらも不思議に思っていました。

その後、「この一日、二日のうちに大きなことが起こる」と大統領がツイートし、テキサス州がスイングステート4州を連邦最高裁に訴えるという流れになりました。

動きが早すぎて、追いつくのが精いっぱいですが、しばらく目が離せません。

トランプ大統領を応援する理由

私は今回の米国大統領選挙において、大規模な不正が行われたと確信しています。

証拠はペンシルベニア、ジョージア等のスイング ステートで開かれた公聴会で既に十分公になっています。

12月2日に公開されたスピーチの日本語字幕版がアップされましたので貼り付けておきます。

先頭から44分のところから先だけでも見てもらえれば、大統領が自分のためではなくアメリカの選挙への信頼と自信を取り戻すために戦っていることがわかるでしょう。

何世代にもわたるアメリカ人が確保するために血を流し、そして死んだ神聖な権利を守るために戦っているとも話されています。

日本に置き換えて考えてみたら、大統領が守ろうとしていものは明治維新の志士たちが命を賭けてつかんだ権利と同じものだとわかります。

不正を働いたものが見過ごされる世界は、罪を犯していない者が為政者の機嫌一つで捕らえられる世界と表裏一体と言って良いでしょう。

今の香港を見れば私が言っている意味がわかってもらえるでしょうか。

私はトランプ大統領を応援していますが、この先どうなるか正確に予想することは出来ません。

しかし、勝ち目があろうがなかろうが、私は応援します。

それは、トランプ大統領が勝つべきだからです。

スピーチの最後の方(45:50頃)にもありますが、今回この不正を正さなければアメリカは終わります。

残念ながら日本の安全保障はアメリカに完全に依存しています。
アメリカが終われば日本も終わりです。

もう随分時が経った気がしますが、「必ず最後に愛は勝つ」というサビの歌(『愛は勝つ』/KAN)が流行ったことがありました。

それは真実だと思うし「必ず最後に正義は勝つ」とも信じています。

いま米国で起こっていることをよく見ておいた方が良い

今年の5月のことだったでしょうか。
職場からランチに出かけようとしていたとき、幾人かの人たちが窓の方に集まっているのを目にしました。

何が起こってるのか知らなかったので、そのままいつも通り出かけました。

後になって家族から「今日のブルーインパルス見た!?」と、よく撮れている動画を見せられながら聞かれました。

「えーっ、今日そんなことがあったの!知らなかった・・・😭」

知らなかった自分が悪いのですが、そんなに珍しいことがあるなら職場で館内放送でもしてくれたら良かったのにと思うくらいでした。

🟥 🟥 🟥

さて、少々前置きが長くなってしまいました。

いま米国では前代未聞の大事件が起こっています。
そうです、「大統領選挙で大規模な不正が行われた」と訴えているトランプ大統領陣営と、「根拠もなく馬鹿なことを言ってる」と決めつけている反対陣営のニュースは一応ほとんどの人が知っているでしょう。

ただ、私が見る限り多くの日本人はこの出来事にたいして無関心なようです。

それは、ブルーインパルスを見逃す以上にもったい無いことだと思うので、この数週間家族や社員には「トランプ陣営から出ているニュースなどに関心を持った方がいい」としつこいくらいに話しています。

もちろんトランプ大統領が嫌いな社員もいるかも知れません。

そんなことは、私にとってはどっちでも良いのです。
好きになってもらおうとしているわけでもありません。

ただ、いま起こっていることは、歴史に残る大事件なのでよく見ておいた方が良い。
と伝えたいだけなのです。

🟥 🟥 🟥

「よく見ておいた方が良いと言われても英語わからないし・・・」という方のために(私もですが😁)、Youtubeで字幕を表示させ、日本語に自動翻訳させる手順を書いておきます。

以下は、Windows PCでChromeブラウザーを使った手順です。
iPhoneのYoutubeアプリなど、自動翻訳機能が使えない環境もあるので要注意です。

まず、Youtubeの設定を確認します。

「自動生成された字幕を含める」をオンにしてください。

次に再生する動画にアクセスします。

This may be the most important speech I’ve ever made….
https://www.youtube.com/watch?v=720O_yBLrTs&list=WL&index=3&t=690s

歯車をクリックし、「字幕」から「英語(自動生成)」を選択。

もう一度歯車から「字幕」の設定を開くと、「自動翻訳」が増えているのでそれをクリック。

「日本語」は一番下にあります。

自動翻訳した字幕が表示されましたね。

🟥 🟥 🟥

あとは、自分で見て聞いたことを、どう受け止めるか決めてください。

たとえば・・・
・大手メディアは「根拠も示さずに選挙の不正を訴えている」と報道しているがその通りか?
・「証拠がない」と言われているがそうなのか
・選挙で負けたひとが自分のために居座ろうとしているか

ついでに、最新の別のビデオも貼り付けておきます。
私がみるところ、これはいわゆる決定的証拠と言えるものかと思いますが、いかがでしょうか?

🔴Twitter: トランプ大統領ツイート日本語訳より引用
ジョージア州で集計監督者が集計者らに部屋を出よと言い、人がいなくなったら、部屋に残った4名がテーブルの下から票が一杯入ったスーツケースを次々と出し、集計を続けたのを監視カメラが捉えていた。チームトランプより